• 割安株を探そう!10分間投資講座
  • バリューサーチ投資顧問のホーム
  • お申し込みはこちら
  • サービス比較/Q&A
  • 割安株投資について
  • 当社の銘柄実績
  • 投資教育
  • 会社情報
  • メディア掲載履歴
  • 世界の株価指数

ご不明点は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

  • バリューサーチ投資顧問のメディア取材履歴
バリューサーチ投資顧問の直近のメディア実績です。
ブルームバーグニュースの「エボラブル:20年までに取扱高1000億円」に当社のコメントが掲載! new!!
(2017年3月9日)
ブルームバーグニュースの「日立株と三菱重株が下落」に当社のコメントが掲載! new!!
(2017年2月9日)
ブルームバーグニュースの「JR九州:初値は公開価格比19%高」に当社のコメントが掲載! new!!
(2016年10月25日)
ブルームバーグニュースの「ソフトバンク:半導体の英ARMを買収」に当社のコメントが掲載! new!!
(2016年7月18日)
米ブルームバーグニュースの"Investor Discontent Rises at Japan Shipping Lines"に当社のコメントが掲載! new!!
(2016年6月28日)
米ブルームバーグニュースの"New Shipping Alliance"に当社のコメントが掲載! new!!
(2016年5月13日)
ブルームバーグニュースの「北海道新幹線26日開業」に当社のコメントが掲載! new!!
(2016年3月25日)
米ブルームバーグニュースの"Euglena Soars"に当社のコメントが掲載! new!!
(2015年12月2日)
ブルームバーグニュースの「東洋ゴム」に当社のコメントが掲載! new!!
(2015年10月14日)
米ワシントンポスト紙の"Japanese Suppliers Admit Falsifying Data"に当社のコメントが掲載! new!!
(2015年10月14日)
ブルームバーグニュースの「第一船が経営破綻」に当社のコメントが掲載! new!!
(2015年9月29日)
ブルームバーグニュースの「富士フイルム古森氏の賭け」に当社のコメントが掲載! new!!
(2015年8月18日)
ブルームバーグニュースの「スカイマク再生案」に当社のコメントが掲載! new!!
(2015年8月4日)
ブルームバーグニュースの「西武HD株が続落」に当社のコメントが掲載! new!!
(2015年5月22日)
ブルームバーグニュースの「日立:伊鉄道事業買収」に当社のコメントが掲載! new!!
(2015年2月25日)
米ワシントンポスト紙の"Hitachi to Acquire Rail Unit"に当社のコメントが掲載! new!!
(2015年2月25日)
ブルームバーグニュースの「スカイマーク:再生法申請」に当社のコメントが掲載! new!!
(2015年1月29日)
ブルームバーグニュースの「ヤクルト株」に当社のコメントが掲載! new!!
(2014年11月27日)
ブルームバーグニュースの「スカイマーク株」に当社のコメントが掲載! new!!
(2014年8月1日)


米ブルームバーグの"Joint Alstom Bid"に当社のコメントが掲載! new!!
(2014年6月17日)


日本経済新聞の「マザーズ続伸:マーケットコラム」に当社のコメントが掲載! new!!
(2014年5月29日)


日本経済新聞の「東証レビュー:株式往来」に当社のコメントが掲載! new!!
(2014年5月16日)


日経CNBCに当社代表がゲスト出演、「上場後の西武HD株」を生解説! new!!
(2014年4月23日)
メディア取材履歴はこちら



  • 投資コラム「株式投資に生涯つきあう法」


  • 生きた証券用語辞典


  • 注意喚起
ご挨拶

 2012年末に新たに安倍政権が誕生し、“アベノミクス”を旗印に長年、日本経済を悩ましたデフレ脱却に向けて、強力な政策を推進していく覚悟が示されました。

 振り返れば、わが国の株式市場は1990年以降、いわゆる“失われた20年”を背景に長らく低迷を余儀なくされました。しかしながら、この20年間は決して無用の時間ということではなく、日本経済の雇用、設備、債務の3つの深刻な過剰の解消に向けて、日本全体が必死に努力した時間でもありました。

 当社では、今回の政権交代をきっかけに東京市場が新たなステージに入ったものと判断しており、蓄積したマグマが爆発することを期待しつつ、この機会を歴史的なチャンスと捉えております。

 そこで当社は、「自ら考え、判断する投資家」を対象に、バリュエーション(割安/割高の判断)を中心としたファンダメンタルズ分析をベースに、入念なリサーチ活動を加えることで、“根拠ある”銘柄情報を提供して参りたいと考えております。

 当社独自のリーズナブルな投資サービスの提供を通じて、株式市場の活性化と個人投資家の育成に何がしかの貢献ができれば幸いと存じております。

バリューサーチ投資顧問株式会社
代表取締役 
松野 實

会社概要


○会社名

 

バリューサーチ投資顧問株式会社

○所在地

さいたま市南区鹿手袋5丁目1-18
(※東京都千代田区内神田より移転)

○電話番号

048−872−2777(代)

○FAX番号

 

048−864−1133

○金融商品取引業者

 

関東財務局長(金商)第966号

○金融商品仲介業者

 

関東財務局長(金仲)第304号

○設立年月日

 

2004年6月1日

○資本金

 

4,000万円

○主要株主

 

松 野 實

○役員

代表取締役  松 野 實
取締役     高石 紘夫

○業務内容 

・有価証券等に関する投資助言業務

・金融商品仲介業務

・前各号に付帯する一切の業務


○役員紹介
代表取締役 松野 實

 旧山一證券では銀座支店長、経営企画室部長などを務め、エスジー山一アセットマネジメントでは執行役員業務本部長、その後、オリックス投信投資顧問の設立に参画、執行役員。"今こそ、個人投資家時代の歴史的な幕開け"という考えの下、2004年6月にバリューサーチ投資顧問株式会社を設立。
取締役 高石 紘夫

 旧山一證券では金融法人部長、取締役中部本部長などを歴任。エスジー山一アセットマネジメント(旧山一投資顧問)では常務取締役国内運用本部長を経て、代表取締役副社長。2000年6月に退任。2004年6月に当社取締役に就任。


苦情・紛争解決の体制について
ページトップ