• 割安株を探そう!10分間投資講座
  • バリューサーチ投資顧問のホーム
  • お申し込みはこちら
  • サービス比較/Q&A
  • 割安株投資について
  • 基本的な考え方
  • 割安株判断の3つの特長
  • 有効性の検証
  • 当社の銘柄実績
  • 投資教育
  • 会社情報
  • メディア掲載履歴
  • 世界の株価指数

ご不明点は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

  • 割安株の投資コラム「株式投資に生涯つきあう法」


  • 生きた証券用語辞典
有効性の検証

割安8指標別 割安上位20%銘柄群のパフォーマンス
過去10年間 (1997年8月〜2007年7月)
(%)
割安上位20%のパフォーマンス(騰落率)
東証1部平均
PER
経常利益
純営業利益
PCFR
PBR
配当利回り
逆張り3ヶ月
逆張り36ヶ月
114.6 122.2 137.3 111.3 171.2 95.84 62.53 56.99 -15.16

 
 上記の表と棒グラフは、当社の割安8指標について「割安上位20%銘柄群」(※)の株価騰落率を東証1部銘柄平均と比較したものである。


 割安8指標の有効性の検証
 パフォーマンスについては、東証1部全銘柄の平均−15.16%と比べて、当社で取り上げている8指標のパフォーマンスがかなり高いことが検証される。
 (※)「割安指標上位20%銘柄群」とは、東証1部全銘柄について、月末ごとに割安順に5つのグループに分類し、最も割安なグループのパフォーマンス(騰落率)を10年間累積したものである。


割安8指標の分位別チャート

 下記のグラフは東証1部全銘柄について、割安順に5つのグループ(最割安、割安、中立、割高、最割高)に分類し、月末毎にグループのパフォーマンス(縦軸:%)を累積したものである。


 分位別チャートの実証結果
 割安8指標全てにおいて、「最割安」グループのパフォーマンスが最も高いことが検証され、続いて「割安」、「中立」、「割高」、「最割高」グループの順にパフォーマンスが高いことが確認できる。

ページトップ

← 割安株判断3つの特長   割安株を探そう!10分間投資講座→

バリューサーチ投資顧問ホーム