• 割安株を探そう!10分間投資講座
  • バリューサーチ投資顧問ホーム
  • お申し込みはこちら
  • サービス比較/Q&A
  • 割安株投資について
  • 当社の銘柄実績
  • 投資教育
  • 用語解説
  • 会社情報
  • メディア掲載履歴
  • 世界の株価指数

ご不明点はお電話で! 03-3834-2035 営業時間平日9:00〜17:00

時間外メールにて

お問い合わせください

  • 投資コラム「株式投資に生涯つきあう法」
  • 生きた証券用語辞典

割安株用語解説 /生きた証券用語辞典 /投資コラム

| | | | | | | | |   今週の登録ワードはこちら new!!


ゴールドマン問題(=GS問題)  ゴールドマンもんだい  Goldman case

 

ゴールドマン問題とは、米大手証券ゴールドマン・サックスが、サブプライムローンに絡む債務担保証券(CDO)の組成販売に関し、重要情報を投資家に告げなかったとして、2010年4月に米証券取引委員会(SEC)に証券詐欺罪で提訴された問題のこと。オバマ政権による米金融規制改革法案に与える影響も予想され動向が注目されていたが、7月に同法案が米議会で可決された同日、ゴールドマンは販売資料が不完全だったことを認め、SECとの和解が成立。ゴールドマンが支払う和解金は、金融機関としては過去最高の約480億円で、うち約半分は損失を負った投資家に支払われる。


「米ゴールドマン、英独からの調査にも直面‐SEC提訴受け」 (2010/4/18:ブルームバーグ)
「米ゴールドマンがSECと和解、480億円支払いへ」 (2010/7/16:ロイター)

◎関連ワード: CDO, 米金融規制改革法案, ヘッジファンド


『生きた証券用語辞典』とは、
○株式投資にすぐに役立つ最新のキーワードを毎日登録し、”生きた辞典”を作ります。
○決算短信、日経新聞、金融・経済ニュース、四季報などがスラスラ読めるように!
○新聞やニュースの見出しを併記し、実践的な用語解説を心がけます。
○証券用語のみならず、株価に影響を与えるあらゆる事柄の、【意味・解説・英語訳】を!
○バリューサーチ投資顧問による独自の投資のヒントも満載!

『生きた証券用語辞典』 用語集一覧へ

バリューサーチ投資顧問ホーム