• 割安株を探そう!10分間投資講座
  • バリューサーチ投資顧問ホーム
  • お申し込みはこちら
  • サービス比較/Q&A
  • 割安株投資について
  • 当社の銘柄実績
  • 投資教育
  • 会社情報
  • メディア掲載履歴
  • 世界の株価指数

ご不明点はお電話で! 03-5298-1225 営業時間平日9:00〜17:00

時間外メールにて

お問い合わせください

  • 生きた証券用語辞典


  • 投資コラム「株式投資に生涯つきあう法」

割安株用語解説 /生きた証券用語辞典 /株式投資コラム

| | | | | | | | |  今週のワード new!! Bookmark and Share


TPP(=環太平洋パートナーシップ協定) ティーピーピー :Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement

 

TPPとは、太平洋地域の貿易自由化を柱とする経済連携協定(EPA)のこと。参加国間で物の関税、サービス、投資の自由化を進め、人、物、資本、情報の往来を活発化するルールを構築する。シンガポール、ブルネイ、チリ及びニュージーランドの4加盟国で2006年に発効、上記に加え、米国、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシア、カナダそしてメキシコが参加を表明、また日本は2013年3月に安倍首相が交渉参加を表明し、同年7月から正式に交渉参加。2015年10月のアトランタ閣僚会合で大筋合意。日本が参加する場合、内閣府の試算によると実質GDPは0.66%の押し上げ効果が見込まれる。2017年1月、参加国GDP全体の60%を占める米国のトランプ大統領がTPP協定からの離脱に関する大統領令に署名、TPPの12ヶ国体制は崩壊し、今後の発効が不透明に。


「環太平洋経済協定の損得は政府試算乱れ打ち 経産省『不参加損失10兆円』」 農水省『参加損失7兆円』」 (2010/10/27:日本経済新聞)


「TPP攻めの開国 ピンチをチャンスに 農業・医療再生今こそ」 (2011/11/17:日本経済新聞)


「トランプ氏、TPP離脱の大統領令に署名」 (2017/1/23:日本経済新聞)


◎関連ワード: EPAFTAアジア広域FTANAFTA, 農業改革農業関連株


『生きた証券用語辞典』とは?


○株式投資にすぐに役立つ最新のキーワードを毎日登録し、”生きた辞典”を作ります。


○決算短信、日経新聞、金融・経済ニュース、四季報などがスラスラ読めるように!


新聞やニュースの見出しを併記し、実践的な用語解説を心がけます。


○証券用語のみならず、株価に影響を与えるあらゆる事柄の、【意味・解説・英語訳】を!


バリューサーチ投資顧問による独自の投資のヒントも満載!



『生きた証券用語辞典』用語集一覧へ


バリューサーチ投資顧問ホーム